LINEで送る
Pocket

安藤優子さんが9日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」で、

1993年にガンのために亡くなった逸見政孝さん(享年48)との思い出を振り返り話題になっています。







安藤優子さんと逸見政孝さんは1987年にフジテレビのニュース番組「スーパータイム」で共演。

安藤優子さんは逸見政孝さんからいろんなことを学ぶ中、

逸見政孝さんはフリーに転身。「スーパータイム」を卒業し、フジテレビを退社しました。

逸見政孝さんとの思い出を振り返った安藤優子さんは、逸見政孝さんのことを表現の天才と振り返りました。

フジテレビを退社した逸見政孝さんはそれまでの堅物のイメージを払拭し、積極的にバラエティ番組に出られました。

しかし1993年に「十二指腸潰ガン」であることが発覚し入院。

初期のガンではく悪性のものだったために、5年以内の生存確率は絶望的でした。

いったんは現場復帰された逸見政孝さんでしたが、病状が悪化し再度入院。

「戦ってきます」という言葉を残し、テレビから姿を消しました。

胃を全て摘出する手術を行った後、家族以外で唯一、面会を許されていたのは安藤優子さんだけでした。

逸見政孝さんは闘病の末、1993年12月25日に永眠。

逸見政孝さんの告別式のテレビリポーターを行ったのは安藤優子さんでした。

その時の安藤優子さんの魂のレポートには台本はなく、

全て自分が抱いていた逸見政孝さんへの思いを語ったものでした。

安藤優子さんは番組最後に「テレビって本当にその人を映す。

逸見さんに改めて気付かせてもらいました。

テレビに出てくる逸見さんは、本当にあのままの人でした」

と締めくくりました。

この記事では安藤優子について検索されている話題を、

ご紹介いたします。

ぜひ最後までお付き合いください。

安藤優子さんのプロフィール

本題に入る前に安藤優子さんのプロフィールとこれまでの活躍をサクッと紹介させてください。

本名:安藤優子(あんどうゆうこ)

生年月日:1958年11月19日

出身地:千葉県市川市

身長:164cm

血液型:A型

学歴:上智大学国際教養学部卒業

安藤優子さんはフジテレビで主にニュース番組を担当するアナウンサーです。

高校在学中に交換留学生としてアメリカのミシガン州へ留学。卒業後は上智大学に進学しました。

大学生の頃はホテルウーマンを目指していた安藤優子さん。学費を稼ぐために、

渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをし、流暢な英語で外国人観光客の接客をしていました。

たまたま通りかかったテレビ朝日のプロデューサーがそれを見て、安藤優子さんをスカウト。

大学を休学し、キャスターとしてテレビ朝日で働くことになりました。

「TVスクープ」や「ニュースステーション」などでリポーターやキャスターを務めます。

28歳で大学に復学するも今度はフジテレビからスカウトされ、「FNNスーパータイム」などに出演します。







仕事と勉学を両立させ、1988年に上智大学を卒業しました。

安藤優子さんがキャスターを務めた「ニュースJAPAN」は、

低迷が続いていた夕方の情報番組枠で6年ぶりに視聴率1位に返り咲きました。

安藤優子さんは報道番組のワイドショー化に肯定的で、

「ニュースに優劣はないので何やっても良いと思う。硬派なことだけやればいいという考えは上から目線すぎないか」

と報道に携わるものならではの意見を述べられています。

それらを反映したかのような、情報番組「直撃LIVE グッディ!」が2015年に始まり、

安藤優子さんはMCを担当し、現在も国民にニュースを届けてくれています。

安藤優子さんの旦那は?子供は?

離婚歴のある安藤優子さんは、2006年にフジテレビのディレクターである堤康一さんと再婚しています。

堤康一さんは1982年にフジテレビに入社され、ニュース番組の記者を務めたのち、現在は番組プロデューサーです。

「めざましテレビ」のプロデューサーに就任した堤康一さんは、当時政治や経済ばかりを扱っていた朝の情報番組に、

バラエティ色を展開し、同時間帯の他局のニュース番組を圧倒。

毎朝視聴率10%超えを安定的に叩き出し、会社内では一目置かれる存在になりました。

その手腕を買われた堤康一さんは、1999年に当時低迷していた夕方の情報番組「スーパーニュース」のプロデューサーに抜擢されます。

プロデューサーに就任した堤康一さんは、めざましテレビ同様に「スーパーニュース」にも、

バラエティーの要素を盛り込んでいった結果、視聴率は上昇していきました。

さらに堤康一さんは、2004年に安藤優子さんはメインキャスターに抜擢。この時、2人はまだ交際していません。

そう、2人の出会いは「スーパーニュース」だったのです。

そうして安藤優子さんと堤康一さんは会社だけの付き合いにとどまらず、プライベートの関係へと発展していったのでした。

現在は堤康一さんと結婚されている安藤優子さんですが、

その前の結婚はどうだったのでしょうか。







安藤優子さんの最初の結婚は1988年、安藤優子さんが30歳の時でした。

お相手は広告代理店の「電通」に務めていた14歳年上の一般男性でした。

ただ、相手の男性には安藤優子さんと結婚する直前まで、15年連れ添った奥さんがいました。

そして、その女性は安藤優子さんに奪われるような形で、男性と別れさせられたのです。

ちなみに安藤優子さんは若い頃はすごく綺麗で、現在も隠れ巨乳でDカップあるそうです。

インテリジェンス漂うバストに、その男性は魅了されてしまったのかもしれません。

周囲の反対を押し切ってまで結婚にこぎつけた安藤優子さんでしたが、結婚生活は長続きせず、

3年を待たずに離婚してしまいました。

しかし、安藤優子さんの略奪はこのままでは終わりません。

実は現在の旦那である堤康一さんにも、安藤優子さんとの結婚以前に奥さんと子供がいました。

あくまで噂ですが堤康一さんに近い関係者によりますと、堤康一さんの奥さんは離婚に反対だったのですが、

堤康一さんは全く聞き入れずに一方的に離婚を突きつけたそうです。

堤康一さんとの結婚したときには、すでに50歳に迫ろうとしていた安藤優子さん。

堤康一さんと安藤優子さんとの間には、子供はいないそうです。

まとめ

安藤優子さんは2度の略奪の末、堤康一さんと結婚した。

今回の記事はこれで以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう!

LINEで送る
Pocket