かつて日本テレビで放送されていた

大人気バラエティ番組「エンタの神様」で、

 

レオタード姿で新体操のリボン演技をしながら

自虐ネタを披露するギャグで一躍有名になった芸人のいとうあさこさん。

 

現在は、「ヒルナンデス」や「世界の果てまでイッテQ」など数々の番組でお笑いタレント・コメンテーターとして活躍されています。

 

最近では伊藤ハムのCMでフレッシュにダンスする姿も見せている

軽快で明るいイメージのいとうあさこさんですが、

 

実は実家がお金持ちでお嬢様育ちという噂があります!

 

今回は、そんないとうあさこさんについて調べてみました。

 

いとうあさこさんのプロフィール

まずは、いとうあさこさんの基本プロフィールです。

 

・本名 伊藤 麻子

・生年月日 1970年6月10日

・出身地 東京都渋谷区

・血液型 AB型

・身長 162cm

出典元:wikipedia

 

アクティブでお若い印象ですが、1970年生まれということで

2020年現在50歳なんですね!

 

いとうあさこさんの生い立ち・父親は銀行員?

いとうあさこさんは東京都渋谷区の千駄ヶ谷で生まれ育ちました。

「雙葉小学校」「雙葉中学校・高等学校」という私立の学校出身です。

 

こちらの雙葉学園というのは関東圏では「桜蔭」「女子学院」と共に「女子校御三家」と呼ばれています。

 

なんと上皇后美智子さまの出身校で、かなりのお嬢様学校として有名です。

 

いとうあさこさんの他にもアナウンサーの高橋真麻さん、王貞治さんの娘の王理恵さん、

女優のかたせ梨乃さんという名だたる有名人が卒業生として名を連ねます。

 

明治5年創立のカトリック(キリスト教系)の女子校で、

「上品に礼儀正しく」という校風。

実業家や資産家など富裕層の家庭の子供がほとんどだそう。

 

いとうあさこさんの実家も例外ではなく、

父親東大卒で都市銀行の重役、

母親資産家出身のお嬢様とのことです。

 

とくに父親については、どこの銀行かは明らかになっていませんが

「富士銀行の常務では?」と噂になっているようです。

 

というのも、

富士銀行の常務取締役をしていた方の一人に

「伊藤新造」さんという方がいらっしゃいます。

 

「伊藤」という苗字であること、

いとうあさこさんの父親と同じく「東大卒」であるということ、

さらに「年齢」が一致しているということで

この方がいとうあさこさんの父親なのではないか?とネットで噂されているようです。

 

いとうあさこさんの現在の体重は?

そんなお嬢様として育ったいとうあさこさんですが、

その体重について注目が集まっています。

 

というのも、2019年に放送された日本テレビ系列「24時間テレビ」でマラソンランナーを務めたこともあり、体重が激減したのでは?と言われているみたいです。

 

 

wikipediaによると

いとうあさこさんの体重は「68kg」とのこと!

 

 

いとうあさこさんといえば、

過去にはダイエット企画で4.8kgもの減量に成功し、くびれを披露していました。

 

しかしその後リバウンド。

 

2017年には番組内で

「所属事務所の公式プロフィールでは63kgだが、本当の体重は68kgである」と告白しています。

 

68kgと公言したのが2017年のことですが、

 

24時間テレビのマラソン練習中のインタビューによると、

練習開始から3週間で「4kgほど減量した」と答えているようです。

 

そのことから、現在の体重は64kgほどと推測されます。

 

実はかたせ梨乃と仲良し?

演技派女優として知られる、女優のかたせ梨乃さん。

実はいとうあさこさんと仲良しであると噂されています。

 

というのも、

かたせ梨乃さんもいとうあさこさんと同じく

お嬢様学校の「雙葉高等学校」出身。

 

テレビ東京の土曜スペシャルでは、

同じく雙葉学園出身の高橋真麻さんと共に不定期の旅番組が放送されています。

 

3人ともお酒が大好きで、お酒を片手に語り合うのが旅のスタイルのようです。

 

公式SNS・インスタグラムはやってるの?

パワフルに活躍中のいとうあさこさんですが、

私生活が気になりますよね。

 

ということで、

プライベートが発信されているSNSはないのか?と調べたところ、

 

現在稼働中の公式SNSはtwitterのみとなります。

 

ただし、

いとうあさこさんが所属する「劇団山田ジャパン」という劇団の公式インスタグラムがありました。

脚本家の山田能龍さん主催で、いとうあさこさんをはじめとした芸人やタレントなど個性豊かなメンバーで構成されている劇団のようです。

 

実は電波少年に出演していた?

レオタード姿で

「浅倉南、39歳!」

と自虐ネタを披露していたイメージが強いいとうあさこさんですが、

実はあの有名番組に出演していました。

 

日本テレビ系列でかつて放送されていた

進ぬ!電波少年」です。

 

電波少年といえば、

松村邦洋さんと松本明子さんが司会を務めるバラエティ番組。

 

今も芸能界で活躍する有吉弘行さんが

コンビ芸人「猿岩石」時代に一斉を風靡したヒッチハイクの旅や、

なすびの懸賞生活、坂本ちゃんの受験企画などの人気コーナーを生み出し

 

今でもテレビ業界で語られるほど一大人気を誇った番組。

 

いとうあさこさんは、

当時「伊藤麻子」という名前で(本名と同じ漢字表記)

電波少年的15少女漂流記」というコーナーに出演していました。

 

 

このコーナーは、

久保田利伸さんの「Vibe Survive」という曲の振り付けを間違えたということで集められた

15人の少女が無人島に送り出され、

 

いかだを作って無人島から脱出する」というもの。

 

次々と脱落者が出た中、いとうあさこさんは最後まで残り

「おかん」という呼び名で慕われていました。

 

ちなみにこのメンバーの中には、

現在「世界の果てまでイッテQ」でいとうあさこさんと共演している

黒沢かずこさん(当時の芸名・黒沢宗子)もいました。

 

いとうあさこさんがレオタード芸で着用していた

レオタードは、なんと黒沢かずこさんのお下がりだったそう!

二人はこの時から続く縁があるんですね。

 

いとうあさこさんのまとめ

いとうあさこさんの実家はかなりお金持ちで、お嬢様育ちということが分かりました。

 

しかしその後、芸人としての道を選び

若手芸人として下積みを重ね、ピン芸人として活躍し

今はバラエティ番組だけでなくCMに出演したりマラソンランナーを務めたり

色んな挑戦をされてきたいとうあさこさん。

 

今後のご活躍にますます期待したいですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。