長年、朝の顔として活躍している加藤浩次さん。

その鋭いツッコミは、お笑い芸人だからこそ。

そんな加藤浩次さんの私生活を覗き見してみましょう!

意外な一面が見られるかもしれません。

加藤浩次がスッキリ降板!

レギュラーメインMCの「スッキリ」では、以前から加藤浩次さんに降板の噂が出ていました。

その噂の発端となったのは、去年の一連の吉本闇営業問題。

その際、加藤浩次さんは吉本興業に、強気な態度を取りました。

「僕はこの体制が、今の社長、そして会長の体制が続くのだったら、僕は吉本興業を辞める」

そう大見え切ったはずが、結局、吉本へ遺留することに。

このことで視聴者の信頼を失うことになってしまったのです。

やはりお笑い芸人を朝の顔にするには、例えば、NHKの朝の顔として活躍する博多華丸大吉さんとは違い、加藤浩次さんはやんちゃすぎたのかもしれません。

そして来年4月で加藤浩次さんは「スッキリ」を降板する、という具体的な話しが浮上しました。

加藤浩次さんの降板は以前からさんざん言われてきたことから、世間は「辞める辞める詐欺」だと揶揄する声も。

結局、真相は闇の中となっている状態です。

加藤浩次の嫁は元女優?一目惚れして猛アタック!

加藤浩次さんが嫁のかおりさんと結婚したのは2001年のこと。

結婚から19年経っていますが、今でも夫婦仲は良好なようです。

もともと嫁のかおりさんは、元女優で「緒沢凛(おざわりん)」という名前で活動していました。

決して主役級の女優さんではありませんでしたが、「成田離婚」「魔女の条件」など、話題のドラマに出演。

また、「世界・ふしぎ発見!」でミステリーハンターとして活躍していたこともありました。

お笑い芸人の加藤浩次さんと、女優のかおりさんの接点はここまで見てもないように思いますが、どのような馴れ初めがあったのでしょう。

かおりさんは2000年に発売された「鈴木爆発」というゲームの主人公を演じていました。

たまたま加藤浩次さんがこのゲームをしていたのですが、主人公のかおりさんに一目惚れしてしまったのです!

「なんて透明感のある人なんだろう」

そう思ったそうです。

そこで、加藤浩次さんがMCを務めていた番組に、かおりさんをゲストとして呼ぶことに。

これはまさしく職権乱用ではありますが、加藤浩次さんの想いが伝わってきます。

そして初対面を果たしてから、加藤浩次さんはかおりさんに猛アタック!

なかなか振り向いてくれなかったそうです。

それでも、しつこく、ストーカーにならない程度にアプローチしていた加藤さんに、かおりさんも根負け。

お付き合いをスタートしました。

そして2001年に見事ゴールイン。

この様子は当時の人気番組「めちゃめちゃイケてる」で、放送されました。

加藤浩次は1男2女のパパ!

2001年にやっとの思いで結婚した加藤浩次さんですが、この時すでにかおりさんは妊娠していました。

この頃から出来ちゃった結婚は珍しくなくなっていました。

そして2002年2月10日。

長女となる「小羽(こはね)」ちゃんが誕生。

名前の由来がまたロマンチック。

「とても寒く雪が降っている日に生まれたこと、その雪が小さい羽根のように見えたから小羽」

素敵です。

18歳の小羽ちゃんは、美人のかおりさん譲りの美貌を持っています。

2004年9月21日。

長男となる「快晴(かいせい)」くんが誕生。

名前の由来は、「よく晴れていて青空が広がっていたことから」とのこと。

爽やかないい名前ですよね。

2006年11月7日。

次女となる「清風(きよか)」ちゃんが誕生。

清風ちゃんに限って、名前の由来が分かりませんでした。

加藤浩次さんの名前の付け方はその日の天候や見えた景色ですので、秋風が吹く様子が清らかに見えたのではないかな?と勝手に予想してみました。

「スッキリ御殿」とも言われる、加藤浩次さんが建てた大豪邸に、家族5人幸せに暮らしています。

加藤浩次さんは家の中でも結構ズバズバ言うらしく、そこはテレビの中の加藤浩次さんと遜色ない様子。

子供達のお友達が家に遊びに来て、挨拶をしないと友達であろと叱ると言っていました。

加藤浩次の若い頃は実は苦労人?

加藤浩次さんがお笑い芸人だという事を、今の若者は知っているのでしょうか?

相方の長年に渡る謹慎で、ここ何年もコンビでのお仕事はありませんでした。

若い頃は劇団「東京ヴォードヴィルショー」の養成所「闘魂塾」の4期生として所属していました。

その劇団の養成所で相方の山本圭壱さんと出会い、「極楽とんぼ」を結成したのです。

ただ、この「極楽とんぼ」、当時は加藤浩次さん、山本圭壱さん、櫻庭博道さんの3人トリオでした。

劇団「東京ヴォードヴィルショー」は、萩本欽一さんが関係しています。

と言いますのも、当時欽ちゃんバンドでトロンボーンを吹いていた佐藤B作さんが、中心メンバーとして在籍していたのです。

このことで、加藤浩次さんは芸能界への道を目指し始めました。

トリオ「極楽とんぼ」は、若手芸人が多数出演するライブハウス「ラ・ママ」で行われる「新人コント大会」にも出場。

「ラ・ママ」でのコント大会は、観客が面白くないと思ったら手を挙げると、強制終了してしまうシステム。

これによって、芸人さんは鍛えられていったと言います。

その後、加藤浩次さんは山本さんと共に養成所を退団。

心機一転「吉本興業」へ入りました。

吉本興業では毎週1本、新ネタを披露しなければならなかったことから、当時はそれがしんどかったと加藤浩次さんは語っていました。

「極楽とんぼ」の名が世に知られたのは、やはり「めちゃめちゃイケてる」の前身番組「とぶくすり」のレギュラー出演からでした。

その後、「めちゃめちゃモテたいッ」「めちゃめちゃイケてるッ」と続き、ゴールデンタイムに進出。

それが、今では朝の顔ですから、これだから多くの芸人は夢を見るのでしょう。

また、加藤浩次さんの若い頃はなかなかのイケメンで、ファンも多くいたのだとか。

確かに50歳になる割にはシュットした顔をしています。

加藤浩次のスッキリ御殿はいくら?

お笑い芸人がニュースやワイドショーのMCになることが珍しくない昨今、それでも加藤浩次さんは長年朝の顔をして活躍してきました。

他にもレギュラー番組を持っていますので、その年収はいかほどかと気になるところ。

「スッキリ御殿」と呼ばれる加藤浩次さんの一軒家は「5億円」。

東京都内の100坪の土地に、地下1階・地上2階建て7LDKと、まさしく御殿です。

加藤浩次さんクラスになると、年収は億超えは当たり前。

週5の「スッキリ」の他に、レギュラー番組等のギャラを合わせて考えると、おそらく年収3億円から4億円はいっていると計算できます。

まとめ

「スッキリ」の降板報道が未だに後を絶たない加藤浩次さん。

私生活では猛プッシュした奥様と結婚でき、3人の子供に恵まれています。

そして5億円の「スッキリ御殿」。

若手芸人が憧れるのも分かります。

これからも辛口な切り口で、唯一無二のMCとして活躍していくことでしょう。