ラサール石井さんのツイッターが炎上していることが話題になりました。

ラサール石井さんが浅田真央さんについて発言をしたことがきっかけです。

浅田真央さんはロシアで行われたフィギアスケート選手権で、得意とするジャンプのミスにより6位という結果で、自己最低で終わってしまったのです。

これを受けて、ラサール石井さんはツイッターで次のように発言しています。

「浅田真央ちゃんは早く彼氏を作るべき。エ〇チしなきゃミキティやキムヨナには勝てないよ。棒っ切れが滑ってるみたい。女になって表現力を身に付けて欲しい。オリンピックまでにガッツリとことん!これは大事」

この発言を受けて、批判の声が殺到しツイッターは大炎上となりました。

後日、ラサール石井さんはこの投稿について謝罪をし、発言も削除しています。

お笑い芸人だからと言ってなんでも笑いで済まされる訳ではないですよね。

知的派が売りのラサール石井さんがなぜこのような発言をしてしまったのでしょうか。

真相はわかりませんが、反省をしてこれから信頼を取り戻して欲しいですね。

ラサール石井、ツイッターでホリエモンをボロクソに罵倒

ラサール石井さんのツイッターといえば、堀江貴文さんことホリエモンとのやりとりも世間から話題になっています。

2019年6月19日に自身のツイッターでホリエモンに対して「なんだ、こいつ。てめえなんか全然頭よくないからな」と発言。

ことの発端は、ホリエモンが年金2000万円問題でデモ行進をしていた群衆に対して「暇で羨ましいっすわ」「バカばっか」「税金泥棒」などと自身のツイッターで発言したことです。

これを受けてラサール石井さんが先ほどの発言に加えて「キチンと納税してちゃんと社会保障を受けている国は泥棒集団てこと? 給付より税金多く払わなきゃ泥棒呼ばわり? ひでえ話だな」とも発言しています。

これを受けてホリエモンは「ラサール石井さんのツイートを見に行ったら鍵垢(鍵付きアカウント)で。

つまり自分の批判は受け付けないけど、安全地帯から爆弾を投げるみたいな。超ひきょうな。鍵垢であんなこと言うのおかしくない」と反撃。

ツイッター上での攻防が話題になりました。

2019年11月にまたしても2人の発言が世間から注目を浴びます。

ラサール石井さんが沢尻エリカさんの麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、芸能人逮捕と政治問題が関わっているという趣旨の発言をツイッターに投稿しました。

この呟きに対してホリエモンは「こいつ頭にウジ湧いてんな笑笑」と発言しました。

2人の間には遺恨が残りそうですね。

今後の言動にも注目したいです。

ラサール石井と松本人志をツイッターから徹底比較

芸能人のツイッターは何かと世間を騒がせますが、問題発言で炎上することばかりではありません。

ダウンタウンの松本人志さんは2020年5月24日に自身のツイッターで過去のツイートを引用した投稿をしています。

22歳で自ら命を経ってこの世を去ってしまった、女子プロレスラーの木村花さんを受けて、問題視されている誹謗中傷。

これに対して次のように過去の投稿を引用して投稿をしています。

「匿名で悪口 書いてる人… 匿名は良い行ないをするときに使うのですよ…」

ツイッター上では、「名言」「その通り」「間違いない」など多数のコメントが寄せられており、2.2万リツイート、14.7万いいねが投稿からたった3時間で付けられています。

ツイッターをどのように使うかは個人の自由ですが、社会的影響力を強く持つ芸能人の使い方は考えて欲しいものですよね。

ラサール石井さんと松本人志さんといえば、共にM -1グランプリの審査員を務めていることでも有名です。

ラサール石井さんは、ご自身が持つ知性を活かして漫才を細かく分析する採点が特徴的でした。

2008年以降ラサール石井さんの姿を見なくなりましたが、再びM -1グランプリの審査員席に座る日は来るのでしょうか。

ちなみに、ラサール石井さんのツイッターフォロワー数は12万、一方の松本人志さんは760万以上です。

ラサール石井の現在は?最近テレビで見なくなった本当の理由とは

ラサール石井さんといえば、お笑い芸人でありながら、俳優や演出家など様々な分野でもその才能を発揮されているマルチタレントの1人です。

2020年で65歳になりますが、現在の活動はどのようなものなのでしょうか。

最近はテレビで見る機会もめっきり減ってしまったようにも感じますが、ラサール石井さんの過去や現在についてまとめていきます。

ラサール石井さんはその名の通りラ・サール高校を卒業後、早稲田大学に進学しますが中退という華々しい経歴をお持ちです。

その後、コント赤信号として1980年に「花王名人劇場」というバラエティ番組でデビューします。

芸人の枠だけにおさまらず、様々な分野で活躍をされてきました。

ラサール石井さんは一度結婚をしていますが、仕事が多忙などの理由から2011年に離婚をされています。

2人の娘さんがいるようです。

そして、世間をあっと驚かせたのが離婚した翌年の2012年。

ラサール石井さんは再婚を発表。

その相手がなんと32歳も年下の美人大学生ということで大変な注目を浴びました。

薬学部だった奥様は、卒業後薬局をご自身で立ち上げて毎日一生懸命に働いているようです。

一方、ラサール石井さんは東大受験にチャレンジをしています。

塾に通ったりと意欲的に取り組んでいたようですが、4回受験して全て失敗という結果です。

受験勉強が大変だったことがテレビへの露出が少なくなった原因の1つかもしれませんね。

ラーサル石井さんはテレビ以外でも舞台のお仕事で活躍されています。

多才な才能を持つラサール石井さんは、家庭に、勉強に、仕事にと、65歳を迎えて今もなお現役で頑張り続けているようです。

まとめ

先日、新型コロナウィルスへの対応を最前線で行う医療従事者に対して、感謝と敬意を示しブルーインパルスが飛行し、大変な反響を呼びました。

これにたいして、ラサール石井さんはご自身のツイッターで政府に対してチクリと皮肉っています。

何かと批判や皮肉めいたことが多い印象のラサール石井さんですが、類稀なる多才な才能を世のために人のため良い方向に発揮して欲しいと願います。