LINEで送る
Pocket

前大阪市長の橋下徹が1日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット」に出演。
体操女子リオ五輪代表の宮川紗江さんがパワハラを告発した一連の騒動で、日本体操協会の対応を批判しました。







橋下徹さんは、

「すぐに宮川選手の言ったことを『ウソだ』って言っちゃう。安倍さんの森友問題なんかもそうだけど、何か問題があった時に『一点の曇りもない』とか『自分はなにも悪いところはない』『相手は全部ウソだ』と言うのは、やっぱりちょっと問題がある」

と述べました。

これについてネットでは、

「役員が一番偉いと思っている協会が多いんだね。残念だわ。」

「旧態依然の協会には辟易させられる。なくなっても誰も困らないから。」

「宮川紗江ちゃん、辛いと思うけど頑張ってね。応援してるよ。」

などのコメントが寄せられました。

この記事では日本の体操協会を牛耳る塚原千恵子さんの

「塚原千恵子 息子」

「塚原千恵子 夫」

「塚原千恵子 若い頃」

「塚原千恵子 画像」

「塚原千恵子 評判」

についてリサーチしてまとめましたので、ぜひ最後までお付き合いください。

塚原千恵子の息子は?

塚原千恵子さんの息子は2004年のアテネオリンピック体操団体で金メダルを獲得した塚原直也さんです。

プロフィール

生年月日:1977年6月25日

身長:166cm

出身地:東京都

体操を始めた年齢:年齢

学歴:明治大学卒業

塚原直也さんは11歳の時に両親が指導する「朝日生命体操クラブ」で体操を始めました。

高校二年生の1994年にインターハイ優勝。初めて全国の頂点に立ち、翌年には2連覇を果たしました。

2012年に宮城県出身で6歳年下のキャビンアテンダントの女性と結婚します。

この女性は塚原直也さんの大ファンだったそうです。

2013年には長男が生まれ、2歳から体操を始めています。

また塚原直也さんは35歳のこの年、オリンピックに出場するためにオーストラリア国籍を取得しました。

2012年のロンドン五輪には間に合いませんでしたが、オリンピックのために日本国籍を放棄する塚原直也さんの行動には、物議を醸しました。

2015年に次男誕生。2016年に現役を引退し、現在は朝日生命体操クラブで技術アドバイザーをされています。







塚原千恵子の若い頃

現代でこそ日馬富士に似ていると言われている塚原千恵子さんですが若い頃が輝いていたと話題になっています。

塚原千恵子さんのプロフィール

生年月日 1947年8月12日

身長 155cm

出身地 長崎県

塚原千恵子さんは現役時代に輝かしい成績を残しています。

1967年 全日本学生体操競技選手権大会で、優勝全日本選手権5位

1967年 夏季ユニバーシアード女子団体 金メダル

1968年 メキシコシティ五輪 個人総合19位 女子団体4位

1969年 第23回全日本体操競技選手権大会、全日本学生体操競技選手権大会、NHK杯体操選手権で優勝

1972年 現役引退

1976年 コーチとしてモントリオール五輪に出場

2008年 監督として北京五輪に出場

現在は塚原体操センター副校長でありながら、朝日生命体操クラブ女子チームの監督を務めてらっしゃいます。







塚原千恵子の夫

塚原千恵子さんの夫、塚原光男さんを詳しく紹介します。

塚原光男さんのプロフィール

生年月日 1947年12月22日

出身地 東京都

國學院高等学校を卒業後、日本体育大学に入学。河合楽器に就職しました。

1968年に出場したメキシコ五輪を皮切りに、1972年ミュンヘン五輪、1976年モントリオール五輪でに3大会連続で出場し、いずれも金メダルを獲得。

塚原光男さんはあん馬の「ツカハラ飛び」や鉄棒の「ムーンサルト」などの新技を開発し、世界を驚かせました。

2009年には紫綬褒章を受賞、2012年にはロンドン五輪で監督も務められました。

2013年7月に行われた第23回参議院議員選挙に自民党の公認候補として出馬するも落選しました。

2014年に講道館評議員に就任するなど今後の活躍が注目されています。

今回の記事はこれで以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう!

LINEで送る
Pocket