LINEで送る
Pocket

今も中国で人気のある山口百恵さんについて、長男の三浦祐太朗さんが、バラエティー番組で語った両親のエピソードが話題になっています。

中国では日中国交回復に伴い、日本ドラマが放送されるようになりました。

中でも人気だったのが山口百恵さんが出演していた「赤い疑惑」です。山口百恵さんは1980年、結婚を機に突如引退しましたが、

その輝かしい印象は現在も中国の若い世代に受け継がれています。





山口百恵さんの長男でシンガーソングライターの三浦祐太郎さんが、「しゃべくり007」に出演し、両親について喋った内容が、
中国で話題になっているそうです。

中国の山口百恵さんファンは

「彼女を超える存在は日本の10倍の人口を誇る中国からでも現れることはないだろう。」「引退はクレバーの選択だったかもしれない。百恵の記憶は人々の記憶の中に美しいまま残っている。」

「旦那さんが羨ましい。山口百恵さんも幸せになってほしい」

「あの決断は素晴らしかった。若干21歳だったなんて信じられないよ」

など様々なコメントが寄せられました。

この記事では山口百恵さんの検索件数の多い話題について、

リサーチしてまとめましたのでご紹介いたします。

ぜひ最後までお付き合いください。

山口百恵のプロフィール

本題に入る前に山口百恵さんのプロフィールとこれまでの活躍をサクッと紹介させてください。

本名:三浦百恵(みうらももえ)

旧姓:山口(やまぐち)

生年月日:1959年1月17日

出身地:神奈川県

身長:158cm

血液型:A型

学歴:日出女子学園高等学校卒業

事務所:ホリプロ

レコード会社:ソニー・ミュージックエンタテインメント

山口百恵さんは1970年代に活躍した元アイドルで、1980年に三浦友和さんと結婚し電撃引退しました。

長男はシンガーソングライターの三浦祐太郎さん。次男は俳優の三浦貴大さんです。

東京都渋谷区に生まれた山口百恵さんは、その後神奈川県に移り住み、中学生でデビューするまでに神奈川県で過ごすと、

1972年、歌手の森昌子さんに憧れていた山口百恵さんは、オーディション番組「スター誕生」に出演し、準優勝。

20社からスカウトがあった一方で、審査員だったある男性には「青春ドラマの妹役にはぴったりだけど、歌手は諦めたほうがいい」と諭されています。

1973年に映画「としごろ」に出演し、同名の曲で歌手デビュー。

デビュー直後こそ、ヒット曲に恵まれませんでしたが、

大胆な歌詞を歌わせるなど、大きくイメージチェンジを図った「青い果実」、さらに、1974年の「ひと夏の経験」が大ヒットしました。

1974年に文芸作品の名作「伊豆の踊子」で主演し、女優としても高い評価を受けその後もさまざなドラマや映画に出演。

たびたび、共演した三浦友和さんとはゴールデンコンビと言われました。

山口百恵さんは「伊豆の踊子」以降の映画で13作品中、12作品を三浦友和さんと共演し、それがキッカケで結婚します。

1978年の「第29回NHK紅白歌合戦」では紅組のトリを務め、紅白歌合戦のトリの最年少記録を塗り替えました。

山口百恵さんが世間に最もインパクトを与えた出来事は、婚約発表と芸能界引退です。

1979年のコンサートで「私が好きな人は、三浦友和さんです」と突然発表した山口百恵さん。

その後、三浦友和さんも結婚を前提に付き合っていることを告白し、世間は驚きました。

そして、1980年に山口百恵さんは「我儘な…生き方を私は選びました。(中略)お仕事は全面的に、引退させて頂きます」と言い残し芸能界を引退したのです。

山口百恵さんの現在の姿

山口百恵さんと三浦友和さん夫妻は現在、東京都の国立市で暮らしているそうです。

仕事の都合で都心部で生活していた事もあったそうですが、子育てや介護の事もあり、国立市に移ってこられました。

山口百恵さんの国立市の豪邸は地元でも有名で、ネットでも写真が出回っています。

2011年にリフォームした豪邸はまるで博物館みたいです。

リフォームでは、三浦友和さんの両親と一緒に暮らすことを考えての決断だったそうですね。

山口百恵さんは現在ごく一般的な専業主婦をされており、スーパーなどで買い物しているところを目撃されています。

また山口百恵さんはキルトに夢中で、展示会などにも出品されているそうですね。

表舞台から引退した山口百恵さんは、芸術作品を通じて自己表現されています。

山口百恵さんの息子

山口百恵さんには2人の息子がいます。

長男でシンガーソングライターの三浦祐太郎さんと、次男で俳優の三浦貴大さんです。

2008年にデビューした三浦祐太郎さんは、山口百恵さんの長男として鳴り物入りで芸能界入りしますが、これまでこれといった活躍をしておりません。

元々ロックミュージックが志望でバンドを組んでいた三浦祐太郎さん。

山口百恵さんの威光を期待するメンバーと衝突し、バンドを解散。現在はソロアーティストとして歌手活動を続けています。

山口百恵さんの力を借りたくなかった三浦祐太郎さんでしたが、デビューしてから10年鳴かず飛ばずだったために、

心が折れ、現在はバラエティー番組で山口百恵さんのエピソードを積極的に話すなど、音楽活動以外にも力を入れています。

次男の三浦貴大さんは主演クラスではないものの、映画やドラマなどに出演し、年々出演する機会は増えているようです。

すねかじりと言われている兄とは対照的な結果となってしまいました。

今回の記事はこれで以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう!

LINEで送る
Pocket